検査をしたほうが良いピロリ菌が疑われる症状

ピロリ菌が疑われる症状 ピロリ菌が感染したとしても、全く症状が現れない場合も多いです。
ピロリ菌に感染した際に現れる症状として、胃液を過剰分泌するという作用があり、それによって、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などを引き起こす可能性があり、胃がんのリスクも高まります。
ピロリ菌の感染によって、多くの人が経験するのは胃炎です。
かといって、胃炎がすべてそのせいだとは言い切れません、胃炎はストレスなどからでも引き起こされる可能性がありますが、その可能性は高いため、胃炎が起こった際には検査をしてもらうことがお勧めです。
また、心疾患などの病気と勘違いするような自覚症状でも感染を疑う必要があります。
胃もたれ、吐き気、空腹時や満腹時の腹痛や食欲不振、胸焼けなども、ピロリ菌が感染している場合もあります。
消化器系の疾患を何度も繰り返すような場合、感染していれば、除菌をしないと何度も繰り返すことになるため、思い当たるような場合には検査をしてもらうことが必要です。

ピロリ菌は血液検査の数値を見て

ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍やいがんなどの大きな原因菌となる1つだと言われています。
以前は胃炎や胃潰瘍などが起きるのはストレスなどが原因になるとも言われていましたが、現在はピロリ菌が胃炎、胃潰瘍、胃がんに関係していることが分かってきたのです。
菌を保有している人は若い人には少なくて高齢者には多いのです。
そして先進国と後進国の間では後進国で保菌者が多いことや、先進国では段々と減少していることを見ても、衛生環境が大きく関係していると思われています。
それに感染しているか検査をして確認をするのですが、幾つもの検査はありますが最も多くされているのはピロリ菌に対する抗体(IgG)が血液中にどの程度含まれているかを測定して、それが一定基準を超える抗体が見つかった時には感染の可能性が高いと診断がされます。
その数値は正常値は9、9以下、感染の疑いが有る範囲は10、0以上となります。
血液検査では直接ピロリ菌の感染に対しての診断ではないのですが、数値が大きいと感染の可能性が考えられます。