乳酸菌とピロリ菌の関係

乳酸菌とピロリ菌の関係 ピロリ菌とは、胃の粘膜に住み着いている細菌です。
胃酸に負けることなく活発に動き回り、胃粘膜を傷つけたり、炎症を発生させたりすることから、胃がんや胃潰瘍と言った胃疾患の原因になることもある細菌です。
一度、感染すると除菌しない限りは胃粘膜内に住み続け、ダメージを蓄積させていきます。
そしてダメージが酷くなった時に、胃疾患が出てくることもあるので、除菌に努めることは非常に重要なことです。
このことに効果が期待できるとされているのが乳酸菌です。
乳酸菌とは、ヨーグルトやチーズと言った発酵食品に豊富に含まれている細菌です。
ピロリ菌と乳酸菌の関係は、乳酸菌が腸内環境を整えることから始まります。
腸は全身の免疫を左右する、重要な臓器です。
よってその臓器内の環境が整うと、全身の免疫力も上昇し、結果としてピロリ菌に感染しにくくなると言うのが、両細菌の関係です。
また乳酸菌の中には、直接、胃の粘膜内に付着し続けることでピロリ菌を殺菌する作用を持った種類のものもあります。
乳酸菌全般は勿論のこと、この種の乳酸菌を摂取することで、胃の健康を守る効果が期待できます。

ピロリ菌の抑制効果があるラクトフェリン

ピロリ菌除菌の際には、「胃酸の分泌を抑える薬」と「抗菌薬」2種類を朝食後と夕食後の1日2回、一週間分飲むのが普通です。
しかし、ある研究によりこの除菌の際にラクトフェリンを併用すると効果が高いことがわかりました。
ラクトフェリンとは牛乳に含まれる成分です。
手軽に取り入れることができるものとしては、ヨーグルトがあります。
もちろん、医療用に粉末になっているものもあります。
ラクトフェリンには抗菌活性の作用があり、これによりピロリ菌など体内の有害菌の抑制効果があるといわれています。
除菌薬とラクトフェリンの併用によって、除菌成功率が高まったという例があります。
除菌の薬を渡された際にラクトフェリンが処方されていなくても、ラクトフェリン入りヨーグルトを毎日食べることでも抑制効果は得られます。
市販のヨーグルトのパッケージに書かれている成分を参考にすればそれを見つけることはできるでしょう。
ピロリ菌除菌は二次除菌以降は自由診療になってしまいます。
そのためにもできることをはじめてみてはいかがでしょうか。