ピロリ菌の検査に必要な費用

検査に必要な費用 ピロリ菌に感染していることだけを目的とした検査については、保険診療の適用除外になるため、費用は全額自己負担になります。
ただし、ピロリ菌の除菌については保険診療が適用されますので、3割負担だけで除菌をすることが可能です。
尿素呼気テストによるピロリ菌の検査の費用は、8000円から9000円程度になります。
この料金は初診料も含まれています。
実際にかかる費用については医療機関によって差がありますので、正確な料金を確認してから通院することが望ましいです。
内視鏡を使った精度の高い検査の場合は、2万円から数万円程度の料金が必要になります。
料金は高くなりますが、胃の粘膜を採取して組織を精査するため、胃がんの早期発見につながります。
尿や血液を採取して行う抗体検査では、数千円程度の料金がかかります。
これが最も安い方法になるため、健康診断ではこの方法によってピロリ菌に感染しているかどうかを調べることが多いです。

ピロリ菌の検査と保険について

ピロリ菌がいることで胃の調子がわるくなるというのはいまは、常識です。
それも胃炎や胃潰瘍だけでなく胃がんになるリスクが高まる怖い菌であるということもしられています。
とくに50代以降の人はいまのような下水道設備のない時代に生まれていますので、ピロリ菌がいる可能性が多いといいます。
とくに井戸水を幼少期に飲んでいたという人の多数がピロリ菌がいるともいわれています。
ですから、検査をしているとわかったらすみやかない除菌をやったほうがいいのです。
ではその検査はどのような方法なのかというと、確実にわかる方法は、胃カメラです。
胃カメラをやって胃の粘膜の組織をとって検査をすることではっきりとわかることになります。
ただ、最近では血液検査でもある程度の可能性というのがわかるようになっています。
ピロリ菌がいるということがわかったら除菌の薬を飲んでいくことになりますが、この薬は健康保険適用なので、安価で治療ができるのが魅力です。