ピロリ菌感染者がいる時の家族感染への意識

ピロリ菌感染者がいる時の家族感染への意識 ピロリ菌は口から体内に入って感染するものと言われているのですが、そんなに簡単に感染してしまうほどの強さではありません。
そのために、家族にピロリ菌感染者がいる場合であっても、過剰に心配をする必要はありません。
しかし、胃液の酸性濃度が小さいお子さんは薄いので、家族に感染者がいると侵入しやすくなるために場合によっては、感染しやすくなります。
歯の成長がまだ十分でないために、小さいお子さんに対して食べやすいようにするために、親が食べ物を噛み砕いて、口移しして与えることは避けるようにしましょう。
安易に親が小さいお子さんのために、かみ砕いて口移しをすることで感染をする可能性があるからです。
大切な家族がピロリ菌に感染しないようにするためには、除菌治療を受けるようにして、小さなお子さんへの感染率を下げるように注意をしましょう。
口移しでは、食べ物を与えないことを意識して小さいお子さんに接することに、特に注意をして下さい。

ピロリ菌の除菌に乳酸菌は有効か

ピロリ菌は慢性胃炎や胃潰瘍の原因のなります。
病院では、簡単な検査で菌の存在を確認する事ができます。
病気の予防のため除菌治療を勧められます。
しかし体質により100%除菌できるわけではありません。
そこで最近注目されているのが乳酸菌ヨーグルトです。
メーカーがいろんな種類と効果があるヨーグルトを販売しています。
乳酸菌は比較的酸には強いですが、胃に到達した時点でほとんど死滅してしまいます。
そこで胃酸に強く胃の中で活動する乳酸菌が開発されています。
この特性を利用して、ピロリ菌の除菌治療の成功率をあげるのです。
まず除菌治療の1ケ月前からこの作用のある乳酸菌入りのヨーグルトを毎日食べます。
そのことで、胃粘膜に住み着いているピロリ菌の活動を抑制します。
菌を弱らせ数を減らしておけば、除菌治療の成功率が上がると考えられます。
本来ヨーグルトなので薬のように副作用の心配もなく、整腸効果もあり、胃が原因の口臭予防、美肌効果も期待できます。
何事も毎日続ける事が一番大切になります。